金閣寺(鹿苑寺)

総門

京都市北区にある「金閣寺」は、室町幕府三代将軍の足利義満が西園寺公経の別荘を譲り受け、山荘「北山殿」を造ったのが始まりとされているお寺です。

正式名称は、足利義満の法名をとって鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院のひとつです。

1994年に「古都京都の文化財」のひとつとして世界文化遺産に登録され、京都を代表する観光スポットとして、外国人の観光客もたくさん訪れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

舎利殿の構造と金箔

舎利殿
舎利殿

金閣と呼ばれる舎利殿は三層構造の建築物で、二層と三層は金箔が貼られており、屋根の上には鳳凰が輝いています。

舎利殿は各層の建築様式が異なり、一層は寝殿造で法水院、二層は武家造で潮音洞、三層は禅宗仏殿造で究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれています。

舎利殿の金箔がきれいですが、1986~1987年にかけて、約20kgの金を使用して張り替え工事をしたそうです。

境内の見所

鐘楼

鐘楼

金閣寺の総門をくぐって少し歩くと、左側に鐘楼があります。

訪れた時は200円で鐘をつくことができ、観光客の方が並んでいました。

鏡湖池

鏡湖池

金閣が建っている鏡湖池を中心とした庭園は、室町時代の代表的な池泉回遊式庭園で、国の特別史跡および特別名勝に指定されています。

天気のいい日に鏡湖池の水面に映った金閣は、逆さ金閣と呼ばれています。

陸舟の松

陸舟の松

陸舟の松は、足利義満が自分で植えたとされている松で、船に見える形をしています。

京都三松の一つに数えられており、立札には樹齢600年と記載されていました。

銀河泉・厳下水

銀河泉
厳下水

金閣から順路に沿って歩いていくと、義満がお茶の水で使用したとされる銀河泉と、義満がお手洗いで使用したとされる厳下水があります。

龍門の滝

龍門の滝

厳下水の横にある高さ約2mの龍門の滝は、滝の下に鯉に見立てた鯉魚石が置かれています。

鯉が滝をのぼりきると龍になるという、中国の故事「登竜門」にちなんでいるそうです。

賽銭投げ

お賽銭投げ

石仏が8体ぐらい置かれてる中央付近に、小さなお椀が置かれていて、観光客がお椀に向かってお賽銭投げをしている場所がありました。

運試しのつもりで、参道から家族でお賽銭を投げてみましたが、なかなかお椀に入れるのは難しいです。

他にも石仏が3体置かれてる場所も、同じようにお賽銭投げをしていました。

夕佳亭

夕佳亭
貴人榻

夕佳亭は、江戸時代の茶道家である金森宗和により造られた茶室で、「夕日に映える金閣が殊(こと)に佳(よ)い」ということで夕佳亭と名付けられました。

母屋の床柱は南天の木を使用しており、日本で最大級の南天の柱として有名だそうです。

夕佳亭のそばにある貴人榻は、椅子の形をしている石で、高貴な人の腰掛け石とされています。

不動堂

不動堂
不動堂の立札

不動堂は、金閣寺の拝観経路の最後にあります。

不動堂の御本尊は、弘法大師作とされる石不動明王で、眼病に霊験あらかたとされています。

施設情報

金閣寺の公式サイト
住所
〒603-8361
京都府京都市北区金閣寺町1
アクセス(電車・バス)
市バス12、59系統「金閣寺前」で下車すぐ
市バス101、102、204、205系統「金閣寺道」で下車→徒歩5分
駐車場(普通車)
収容台数150台 1時間まで300円 以降30分毎150円
拝観時間
9:00~17:00

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする