生駒山麓公園フィールドアスレチック

フィールドアスレチック入口

奈良県生駒市にある「生駒山麓公園フィールドアスレチック」は、30ポイントの木製遊具が設置されている、約800mの本格的なアスレチックコースです。

アスレチックの難易度は、小学生ぐらいなら親が付き添って手伝ってあげれば、大体のアスレチック遊具はこなせるぐらいのレベルです。

利用料金は大人が500円、中学・高校生が400円、4歳〜小学生は300円で、生駒市在住の人は証明書を提示すれば100円引き、駐車場料金もふれあいセンターの事務所で無料処理をしてくれます。

フィールドアスレチックのスタート地点

アスレチックに入場する際に、基本的な得点を算出できるスコアカードをもらってからスタートします。

トイレはスタート地点にしかなく、所要時間1時間以上かかるコースなので、子供はトイレを済ませてからアスレチックを始めるようにおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

アスレチック遊具

アスレチック風景
アスレチック風景
アスレチック風景

アスレチックコースは山道でアップダウンがあるので、ついていく大人もそれなりに体力を使います。

アスレチック遊具は木製で、生駒周辺の伝説をテーマにした「磐船神社・梅の木わたり」や「生駒山・岩屋の蚊ロープウェイ」など、遊具ごとにユニークな名前がついています。

アスレチック風景
アスレチック風景
アスレチック風景

遊びに行った日は結構混雑していたので、難易度の高いアスレチック遊具などは、順番待ちで並んでいるものがいくつかありました。

難易度の高いアスレチック遊具
難易度の高いアスレチック遊具

難関なアスレチック遊具のひとつ「旗掛山・金鵄の輝き」は、小学1年生ぐらいだと自力では難しいです。

ロッククライミングみたいに木の壁をよじ登りますが、少し高さがあり危なっかしいので、親に補助してもらっている子がたくさんいました。

アスレチック風景
アスレチック風景
アスレチック風景

小学生ぐらいなら、ちょっと難しい遊具は親の補助でひとつずつこなしていけますが、小学生未満だと怖がってパスしないといけない遊具が多くなって、自分ができると思った遊具にはチャレンジする状態になると思います。

アスレチック風景
アスレチック風景
アスレチック風景

公園ではお目にかかれないユニークなアスレチック遊具がいろいろでてきたり、途中で仲良くなった同年代の子供と一緒に周ることができて、子供は楽しそうでした。

アスレチック風景
アスレチック風景
アスレチック風景

我が家がフィールドアスレチックを1周するのにかかった所要時間は、1時間半ぐらいでした。

少しハードで親子共々疲れましたが、遊ぶというより挑戦する要素が強い遊具が多く、関西には本格的なアスレチックコースが少ないので、いい経験になったと思います。

施設情報

生駒山麓公園フィールドアスレチックの公式サイト
住所
〒630-0243
奈良県生駒市俵口町2088番地
駐車場(普通車)
収容台数約500台 1回510円
生駒市内在住の人は無料(要証明書提示)
営業時間
9:00~16:00 受付は15:30まで
※7~9月の土日祝およびお盆休み期間(8/12~8/18)は17:30まで 受付は16:30まで
定休日
火曜日
火曜日が祝日の場合と6/1~9/30までは無休
12/27~1/5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする